2016.7.17
Sunday / Open 23:30

at.DAIKANYAMA

&

●YOU MUST BE 20 OR OVER WITH PHOTO ID
adv & ticket 3,000yen / door 3,500yen

  • - UNIT -

    • dj :

    • groovemanSpot (ENBULL/Jazzy Sport/77 KARAT GOLD)
    • sauce81 (N'gaho Ta'quia / 77 Karat Gold)
    • BLACKOLY (yygrec)
    • performance :

    • STEZO (S.T.O)+Takuya (New School Order)
    • TOSHIYA (NAPPY HEAZ) + TAKUYA (SYMBOL-ISM)
    • TORUS
    • KUMA (L.O.F.D) + Yanchi. (In Lake’ch / WILD THINGS)
    • CAZA
    • YASS+Fune (New School Order,Little Brooklyn)+CHOPPER (New School Order)
    • VIBEPAK
    • ゴーとちびゆり
    • TERM-INAL
    • I-muth
    • Dread Noots
    • Wreckin’+Nahtest (TETSU + SATOSHI + YAMATO + haruka)
    • Akina + MIMURA + REI + Akutama + KENGO
    • TACOBELL CREW
    • こんざふぁんく + kana + しげたそうし + BroD
    • GZM (yuuhei + NYON + SEIJI + jasmine)
    • BAMBAABAA!!
    • Step in Jack
    • Whitmn
    • OptiBeDoo(おっつ、こばたく on the beat.Smart JINSU、うっちーもんきー、KANKI WEST、まみたす)
    • - SALOON-

    • dj :

    • SAGARAXX
    • Budamunk (King Tone / Jazzy Sport)
    • MUCKY (TSUMUJI / Vinylists)
    • KAVVD (C.O.T / &beats)
    • Yuki Watanabe (saltica / Discovery / Fish To Fry)
    • YuumaFrescooo!!! (aladdin9)

    dj

    groovemanSpot (ENBULL/Jazzy Sport/77 KARAT GOLD)

    groovemanSpot (ENBULL/Jazzy Sport/77 KARAT GOLD)

    世界が注目する新鋭ビートメイカー/プロデューサー。MC U-Zipplain とのユニット「ENBULL」のDJ & トラックメイカーであり、JazzySportの最重要選手。ヒップホップは勿論のことソウル、ファンク、ジャズ、ハウス、テクノ、果ては和物シティポップなど育んできた音楽的経験をターンテーブルから発信し、"grooveman Spot"へと昇華。一十三十一, Pushim, that BOSS ,奇妙礼太郎 , Negicco, ZEN-LA-ROCK, サイプレス上野&ロベルト吉野, KLOOZなどの楽曲提供やREMIX WORKもシーンを騒がし、更には2014年New ZealandのNew Year Festival "Northern Bass"にてウェストコーストを代表するターンテーブリスト・クルー”The Beat Junkies”のJ-Roccと共にSerato BoothでのDJパフォーマンスを担当。数々のダンサーが彼の曲を使用し、ダンスシーンからも多大な支持を受けている。
    sauce81 (N'gaho Ta'quia / 77 Karat Gold)

    sauce81 (N'gaho Ta'quia / 77 Karat Gold)

    生々しいマシン・グルーヴとラフで温かみのあるシンセ使い、雑味たっぷりの楽器演奏と時折表すファジーでメローなボーカルワークで、ディープなソウルとファンクネスをマシンに宿すプロダクション・スタイル。2008年、バルセロナにて開催された Red Bull Music Academy に招待され、Sonar Sound Tokyo,Rainbow Disco Club,Do Over ,5 Years of Boiler Room Tokyo 等に出演。N'gaho Ta'quia 名義でリリースされたデビュー・アルバム『In The Pocket』では、自身の音楽的ルーツである70年代のファンク/ソウル・ミュージックをダーティなビート・スタイルで再生させたような架空のムーヴィ・サウンドトラックを表現。2015年には、grooveman Spot とのユニット 77 KARAT GOLD のアルバム『WANNAFUNKWITU』ではエレクトロニックなファンク/ソウル・グルーヴとビート・サイエンスを体現した作品になっている。
    BLACKOLY (yygrec)

    BLACKOLY (yygrec)

    日本・東京のビートメーカー, DJ,プロデューサー。19歳でDJとしての活動をスタート。翌年よりDJ SHIBAKI名義でトラック制作も始める。カセットテープやCD-Rで自主音源リリースを続けながら、アブストラクト、ブレイクビーツ、ヒップホップを自由に行き来するプレイ・スタイルで年に100本行くか行かないかの現場数をこなす。2010年、眠っていたMPC2000XLでの音創りにどっぷりとはまり、自分の音源だけでCD-Rとカオスパッドを使ってDJ・LIVEを行う。以降2000年代より交流合ったハウスDJ、ハウスダンサー達との影響もありBLACKOLY名義でハウストラックの制作開始。彼のバックグラウンドであるヒップホップを中心とする様々な音楽と目の前のフロアで狂喜乱舞するダンサー達のハウスな環境が溶け合い彼独自な音が構築されていく。

    performance

    STEZO (S.T.O)+Takuya (New School Order)

    STEZO (S.T.O)+Takuya (New School Order)

    STEZO : 日本が世界に誇るディーヴァ、MISIA。そんな彼女のデビュー時からのバックダンサーとして活躍するなど、東京のヒップホップダンスシーンにおいて抜群の存在感を放つ唯一無二のダンサー。そんな彼は、伝説のダンスチーム”MO’PARADISE”での活動を経て、現在は”S.T.O”、”STACAN”のメンバーとして国内を問わず幅広いシーンで注目を浴びている。 Takuya : 日本のHIPHOPシーンを牽引してきた実力者。MISIAの初期からのバックダンサーとしてだけではなく、加藤ミリヤ、遊助、清水翔太等有名アーティストのコレオグラファーやバックダンサーも務める一方で、DANCE@LIVEでも常に好成績を残すTOPダンサーの一人である。
    TOSHIYA (NAPPY HEAZ) + TAKUYA (SYMBOL-ISM)

    TOSHIYA (NAPPY HEAZ) + TAKUYA (SYMBOL-ISM)

    TOSHIYA ( NAPPY HEAZ ) : 89年にダンスを始めて、93年にHOUSEDANCEに出会う、そこからNAPPY HEAZが誕生しクラブを中心に数々のショーをこなし当時のUNDERGROUNDシーンを牽引した。当時のニックネームはMr UNDER GROUND?? 2000年には、DJ、DANCEERで集まり、NAPPY HEAZ HOUSECREWを創りリーダーとして活躍した。27才で一度DANCEを引退したが、13年振りに踊りだし今に至る。
    TAKUYA ( SYMBOL-ISM ) : Rep YYG「SYMBOL-ISM」リーダーとしてシーンを牽引。ハウスの一要素ジャッキングを日本のシーンに持ち込み、それらを消化した俗に「YOYOGI」と呼ばれる独自のスタイルは日本のハウスダンスのスタイル、音楽性の幅を広げた大きな一要因となった。自らのダンスライフ、ダンススタイルの創造を続けるHIPHOPスピリットなダンサーの一人。
    TORUS

    TORUS

    オールドスクールのロックダンスをベースにするマルチダンサー。スタイリッシュかつオシャレなロックダンサー。
    KUMA (L.O.F.D) + Yanchi. (In Lake’ch / WILD THINGS)

    KUMA (L.O.F.D) + Yanchi. (In Lake’ch / WILD THINGS)

    L.O.F.DのKUMAと、博多出身のYANCHI.ヒップホップとハウスの類稀なgrooveとfeelingでその場を包み込む。ワクワクときどきドキッとさせるダンスコンシェルジュな世界観に乞うご期待。
    CAZA

    CAZA

    2001年にShin、Yassyを中心に結成し、2003年以降は主に2人で活動。ハウスに縛られない選曲や発想、また音楽の細かい部分まで表現するスタイルは、当時から注目を集めていた。2005年にThnurfで活躍していたTakkyが加わり、その後3人で数々のゲストショーケース、またコンテストやバトルイベントで入賞するなど、躍進を続けている。3人の身体能力の高さを活かし、細かいステップからアクロバットまで幅広く使いこなす彼らのショーケースは、今後も目が離せないだろう。
    YASS+Fune (New School Order,Little Brooklyn)+CHOPPER (New School Order)

    YASS+Fune (New School Order,Little Brooklyn)+CHOPPER (New School Order)

    YASS : 『JAPAN DANCE DELIGHT VOL.18 FINAL』優勝、JUST DEBOUT JAPON 2009 HIPHOP優勝など、世界でもトップレベルのコンテストやバトルで優勝を勝ち取ってきた実力は疑うことのない本物である。メジャーとアンダーグラウンドを繋ぐ架け橋としてシーンのために日々注力している。 Fune (NEW SCHOOL ORDER / Little Brooklyn) : HIPHOPの古き良きスタイルを中心に常に進化し続ける実力派。 様々な世代から支持を受け 高い評価を得ている。 CHOPPER (NEW SCHOOL ORDER : 19歳で東京に上京しSoul2Soul TAKUYAの下で指導を受け、今ではTAKUYAが自から声をかけ集めた5人チームNew School Orderの一員でもあり多くのダンサーから高い評価を得ている。 独自のスタイルを追求しさらなる進化を求め続けている。
    VIBEPAK

    VIBEPAK

    東京を中心に活動するゆとり世代クリエイティブ集団。各々土俵は違えど個が立つ独自の「良さ」を持ったメンバーが集まり、ダンスだけに留まらず、日夜音楽/ファッション/スケート 等、カルチャーに関わる実験的な活動を広げている。Public Recordingという名称で、インターネット媒体での映像配信やトークセッションの発信も行う等、現在進行形での独自文化の形成にも力を入れている。
    ゴーとちびゆり

    ゴーとちびゆり

    2009年結成。オリジナルLOCKINGへの敬意を忘れずも既存のLOCKINGの枠にとらわれない斬新な表現と選曲で、新たなLOCK DANCEの可能性を追求し続ける男女ダンスデュオ。
    TERM-INAL

    TERM-INAL

    2014年末、それぞれ異なるチーム活動をしていた同志で結成。2015年には活動量と幅を広げる。Technicalなみかけにdeepな側面を持ち、多数コンペティションやショーで賞賛される。 世界大会「JUSTE DEBOUT 2013」では数々の強豪を押しのけ準優勝という経歴も持つ。

    dj

    SAGARAXX

    SAGARAXX

    1990年代後半からDJを開始。地元の盟友ex.Loop Junktionのラッパ-山仁との1MC×1DJのライブアクト”Yamazin&Sagaraxx”としてLive DJを行う。渋谷のレコードショップ stylusにてヒップホップバイヤーとして勤めていた2007年頃、六本木RootsNで行われていたイベント『Coffee&Cigarettes』から派生したDJ Kenseiとのプロジェクト、Coffee&CigarettesBandの活動をスタートさせる。これまでに数々の12inchや7inchのアナログ盤/CDをC&Cのレーベルelectric rootsを中心にリースし、又C&C BANDとしてのライヴセッションにも参加する。ネットラジオ局dublab.jp内でelectric rootsという番組を担当しC&Cが幅広い音楽を紹介している。90年代のクラブミュージックに影響を受け、その中でも特にヒップホップを始めブラックミュージックをルーツにもつ音を中心としたDJスタイルを得意とする。
    Budamunk (King Tone / Jazzy Sport)

    Budamunk (King Tone / Jazzy Sport)

    Hip Hop のプロデューサーBudaMunk(ブダモンク)は、1996年にLos Angelesに渡り、後にDJやビート作りを始める。2004年にMCのJoe StylesとOYGとKeentokersとして活動を始める。Keentokersは、Live Radioなどと共にSoul Jugglerzというクルーを結成し、LAアンダーグラウンドのステージで多くの通をうならしてきた。2006年に帰国。JazzySportやDogearからの作品をリリース。ビートバトルでの優勝、S.L.A.C.KやISSUGIのプロダクション、自身のソロの作品以外にも、Sick TeamやGreen Butterとして日本での活動の幅を広げてきた。最近ではDown North Campの仲間ISSUGI、仙人掌や、LAの盟友Joe Stylesとの作品以外にも、Ill Sugi、 Elaquentなどプロデューサーとのコラボレーション作品も制作。

    &


    http://www.unit-tokyo.com/
    東京都渋谷区恵比寿西1-34-17 ザ・ハウスビル
    東急東横線「代官山駅」 徒歩2分
    東急東横線・地下鉄日比谷線「中目黒駅」 徒歩5分
    JR山手線・地下鉄日比谷線「恵比寿駅」 徒歩7分
    LINEで送る twitter facebook